Top > なぜ足がむくむのか

なぜ足がむくむのか

足のむくみのメカニズムは、何らかのの原因により血行が悪くなることで足に水分が溜まるのが始めるとされています。よく水分を取りすぎると足のむくみが起きやすいと言われていますが、水分の取り方以外にも、原因としては様々な事が考えられます。
足に水分が溜まりむくみが起きるのですが、全身を循環している血液やリンパ液が、長時間同じ姿勢でいたり、筋力の衰えなどによって上手く循環しないで不純物が下の方に溜まってしまうのです。足のむくみは水分の代謝が悪いことによって起こり、汗をあまりかかない人などにも多く見られます。
足の筋力が衰えている人は足のむくみが起こりやすく、全身に血液やリンパ液を送るポンプ機能が弱くなっている状態になっています。女性は足に筋肉が付いてふくらはぎなどが太くなることを気にする方が多いようですが、ある程度の筋力はむくみ防止の為にも必要だと言われています。
足の筋力も適度にあり、水分代謝が普通に行われている場合でも、血液やリンパ液の濃度が濃い人は循環が悪くなる場合もあって、むくみの原因になる場合もあります。
足がむくみやすい体質ということもありますが、起こるメカニズムを解明することで、予防することも可能になっていますから、自分が出来る範囲から行うようにしましょう。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
なぜ足がむくむのか(2009年6月 7日)
女性に多い足のむくみ(2009年6月 7日)
足のむくみを食べ物で予防(2009年6月 7日)
足のむくみを解消する(2009年6月 7日)